スタジオドリアン添削室とは

押山清高が現在生業にしているアニメーターとしての経験を活かし、『伝わる絵』をテーマにプロの視点であなたの作品の添削を行い、アニメーション制作現場で実践しているノウハウをお伝えします。

こんな方にオススメ

◆自分の作品が思ったように他人に伝わらない方◆現役プロのアニメーターによるアニメーション制作の活きたノウハウを学びたい方◆マンガ家やイラストレーターはもちろん、ゲーム制作や3Dなどの絵作りを生業にしたい方◆独学に限界を感じている方◆基礎はもちろん、社会で通用するノウハウを学びたい方◆言葉だけでは無いコミュニケーションに興味がある方

押山清高からメッセージ

「自分の絵を他人に見せるのは恥ずかしい」「プロに添削されるなんて怖い」「絵は好きなように描きたい」と感じる方も多いと思います。
添削といっても絵の描き方を強制するつもりはありません。添削結果はあくまで無限に存在する可能性の1つとして楽しんでください。
他人の評価を重要視し過ぎると楽しく絵が描けなくなります。

アトリエドリアンとは

押山清高が主宰するTwitterを利用した会員制の非公開コミュニティです。
『アトリエドリアン』では、『スタジオドリアン添削室』で行った添削結果が閲覧できます。
また、スタジオドリアンのアニメーション制作現場の状況や押山清高の作業中の仕事情報、クリエーターや会員同士がつながるための情報共有の場を提供します。

〇スタジオドリアン添削室では、アニメーター押山清高があなたの作品を添削します。 スタジオドリアン添削室についてもっと知りたい方は、こちらのページからどうぞ。

 

〇アトリエドリアンは、押山清高の添削結果たくさん閲覧できるインターネットコミュニティです。アトリエドリアンについてもっと知りたい方は、こちらのページからどうぞ。

 

〇スタジオドリアンのオフィシャルHP

スタジオドリアン

アニメーター押山清高によるアニメーション制作スタジオ
押山清高

押山清高

スタジオドリアン代表

アニメーター/アニメーション監督


子供の頃から絵を描くのが好きで、ほとんど独学でアニメ制作会社ジーベックの門を叩き、アニメーターとしてのキャリアをスタートさせる。その後、フリーランスで『電脳コイル』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』『スペース☆ダンディ』など様々な現場で腕を磨く。またスタジオジブリでは『風立ちぬ』『借りぐらしのアリエッティ』などの映画制作から、三鷹の森ジブリ美術館短編『パン種とタマゴ姫』の制作に参加し、宮崎駿監督からアニメーション制作のノウハウを学ぶ。その後テレビシリーズ『フリップフラッパーズ』では初監督、近年は『DEVILMAN crybaby』『フリクリオルタナ』『フリクリプログレ』などに参加。現在はいくつかの未発表作品に携わりながら、自身のオリジナル作品を制作中。

添削の申し込みはこちらから

問い合わせ

Find us at the office

DURIAN Inc.
Since 2017
Postcode 167-0041
1-26-16 Zenpukuji Suginami, Tokyo, Japan

Give us a mail

info@studio-durian.jp

お問い合わせ